2018年1月14日日曜日

1/14 礼拝と献花

 1/12からの寒波は、山陰地方にも大雪をもたらしました。
道路事情により、1/13の益田、六日市礼拝は休止となりました。
1/14早朝、徳山Cの礼拝堂も冷え切っていました。
しかし、前日から会員の方が御掃除をして下さり、またお花を届けてくださったりと、
そのお気持ちで礼拝堂が温かくなったように思えます。


こちらがその、前日に捧げられたランの花です。

1/14、徳山Cの礼拝は行われました。
礼拝後の愛さんに残られた方も多く、マイタケの炊き込みご飯、大根とおあげの みそ汁を感謝して頂きました。

今週の教会行事は以下の通りとなります。

1/16 火曜日 聖書の学び 15時より
1/18 三役会 光市にて
1/20 13時 益田市小浜礼拝
    14時 益田教会礼拝
    19時 六日市礼拝
1/21 10時45分 徳山礼拝

いずれの礼拝、集会にもどなたでもお越し頂けます。

本日の礼拝説教要約は以下のとおりです。



【マルコ福音書19-11節】
 雲の切れ間から、光が地面に差し込む様子は良いものです。この光の様子は聖書記事になぞらえ「ヤコブの梯子、天使の梯子」と呼ばれています。そして「天が裂ける」そのことは、イザヤ書639節を見ますと「神さまのご介入」と見做されていたようです。主が洗礼を受けられると、天が裂けたという10節の記述は、聖書の伝統を重んじる洗礼者ヨハネの眼に、まさに「神さまのご介入」と映ったことでしょう。それを見る他の洗礼者にも同様のことでしょう。

 神さまはこの世にどのように介入されるのか。それは主に下った「鳩のように下る霊」に明らかとなります。他の鳥でない、鳩なのです。鳩は聖書では安定、平和の象徴です。それが下ります。鳩も他の鳥類と同様、翼を広げて着地します。この世を安定と平和で覆うために、神さまは主をこの世に遣わされたのです。それは人が主によって安定と平和を抱き、前向きな心で生きるためにです。主はそのために、洗礼をヨハネから受けられたのです。

今日の聖書直前で、洗礼者ヨハネが登場し、罪の赦しとしての洗礼を授けています。なぜ主がこの洗礼を受けられたのか。主に罪はありません。むしろ主は、人々の罪を自身の罪とするために洗礼を受けられたのです。これまで罪の赦しは、金品や捧げものとの代替で得られるとされてきました。持たざる者は、赦されざるものとなってしまうのです。ヨハネも主も、その現状に反発する心で活動します。神さまの介入はこれで終わりません。主の十字架と復活をもって、全ての人に知らされることになるのです。主も神さまの介入に戸惑いつつも、「御心に叶う」と、今日の聖書に登場した言葉をもって十字架を受け止めるのです。

今日、主は「ナザレのイエス」として活動を始められました。福音書の最後に「あなた方は十字架に付けられたナザレのイエスを探しているが…」とあります。神さまは主を、人の子として成長させる一方で、人々の罪を担う神の子として十字架と復活を体験させたのです。神さまは主を誕生させ、この世とそして私たちと結びつけて下さいました。その私たちは今週も生きる者です。生活の局面で起こる不可解なことも、み助けの中で克服できるのです。
 

2018年1月7日日曜日

1/7 海と献花と礼拝

  1/6の小浜海岸の様子です。天気晴朗。
  波高し。
  1/7の献花(といっても、先週お捧げ頂いた花です)。
1/7 容器が変わりましたが、お正月の花です。

 昨日、本日ともに益田小浜、益田元町、徳山では礼拝が行われました。
 外国から帰国されるであろう会員ご家族(六日市)のお知らせがあり、
 会員ご家族が大勢集われた礼拝でした(徳山)。
 益田小浜でも新年初めの礼拝が行われました。

 今週、聖書の学びは行われます。
 今週、来週ともに以下の日程で集会、礼拝が行われます。


1/9 (火) 徳山 聖書の学び 15時~16時
1/13 (土) 13:00 益田 小浜礼拝
       14:00 益田 元町礼拝         
       19:30 六日市礼拝

1/14(日)10:45 徳山 礼拝 


いづれの礼拝、集会ともにどなたでもご自由にお集まりいただけます。

本日の礼拝メッセージは以下の通りです。




【マタイ福音書2章1-12節】
 新年の顕現主日にはこの聖書が選ばれます。「顕現」とは「上に輝く」の意味です。新年を迎えることが出来た私たちにとって、めでたい言葉と言えるものです。では、輝きを上に置く私たちとは如何なるものか。聖書は、私たちの姿を古人の姿に当てはめて語ります。それは言うまでもなく、神さまがお語り下さるものなのです。聖書を通して自分自身を主のみ前に見直す時、「めでたい」意味は、「神さまがめでて下さる」と変化することでしょう。

 まず「東方からの学者」、なぜ聖書は彼らを「東」から登場させたのか。聖書で「東」とは、アダムとイブの失楽園「過ちを犯した追放の地」です。彼らはその東から到来したのです。いわば「過ちの回復のため」です。それでも当代一流の学者たちがまた過ちを犯すのです。導きの星を見失い、あろうことかベツレヘムでなくエルサレムを訪問してしまうのです。また「神殿の学者たち」。聖書に精通している彼らが、なんとみ言葉を捻じ曲げてしまうのです。

 「神殿の学者たち」が引用したのは、旧約聖書のミカ書です。見比べてみてください。元々のミカ書には「ベツレヘム」を「小さい」としています。しかし学者たちは「小さくない」としています。王の領地だから、実際は寒村であっても「小さい」と言うのははばかったのでしょう。それで、占星術と神殿学者たちの過ちの結果、何が起こったか。占星術の学者がヘロデの地位保全心に火を付け、神殿学者たちがそれを煽った。その結果、ヘロデはベツレヘムの周辺二歳以下の男子虐殺を為すのです。まことに主は、そのような人の世に生まれられたのです。

 人の世とは、きれいごとだけではありません。私たちも、何時しか不条理に巻き込まれ、あるいは当事者となってしまうのです。主にとっては、赤子として誕生したすでにその時から始められていたことなのです。しかし主は、一つ一つと向き合い、私たちを照らすために、やがて十字架へとお進みになるのです。かつて星を見失った占星術師たちに、神は再び導きを与え、み言葉を捻じ曲げた学者たちに神は、主を遣わされました。その神は私たちをめでて、愛して下さいます。この一年も、聖書の前に身を低くして聞きたい。
 

2017年12月31日日曜日

12/31 教会の献花

  年末の主日礼拝、献花は二組のお捧げがありました。
 こちらは馬小屋の主に捧げられた献花。
 実は博士のうち、一人は負傷し長期療養中です。

こちらは礼拝堂の献花です。正月がイメージされています。
 十字架に映えています。

 2017年最後の礼拝も、大勢が集ってくださいました。
 さすがに明日を控え皆さま足早に帰って行かれましたが、愛さんもありました。

 今週は教会の定例行事は休みとなります。

 本日の礼拝説教は以下のとおりです。

 

【ヨハネ福音書2章1-11節】
 年末の日に相応しい聖書です。「清め」に用いる石の水ガメが6つありました。主はその水をぶどう酒に変えられます。実はこの聖書で「6」という数こそが大切なのです。これは何を表すものなのか。このヨハネ福音書には象徴的な記述がありますが、6とはこの福音書では「不完全」を表すものなのです。つまり「水がめによる清め」は、「清め」の用を果たさない不完全なものだということです。これが、今日の聖書を理解する大切な伏線となります。

 いよいよぶどう酒です。聖書全般でぶどう酒とは喜びの象徴です。それが無くなることから話が展開します。当地の婚礼は「77晩」開催されます。無くなることはよもや想定外だったのでしょう。主の母マリアはその事態を主に知らせます。母としては、血縁の繋がりから主に願うのです。対して主は「婦人よ」と味気ない答えです。母は、血縁の繋がりの立場から、主は神と人との繋がりの立場から答えます。未だ十字架と復活の時は来ていないから、奇跡は示し得ないと答えます。このままでは、母と主の会話も立場も平行線です。

 しかし母マリアは食い下がります。母の不手際でなく婚礼の主催者の不手際です。でも母は執り成すのです。主の「時は来ていない」の言葉を全く無視して、いや主への確かな信頼から「この人の言うとおりにしなさい」と言われます。主の言葉でなく、必ず何とかして下さるという確かな信頼があったのです。主も、慣習としての石の水がめを、喜びの用途として用いるために「ぶどう酒の奇跡」を為したのです。しかし「清め」とは何でしょうか。

 それはやがて迎えるイースターで私たちが覚えることです。主はこの世を清めるために、罪深い私たちを赦すために十字架に架かられたのです。その主はクリスマスにお生まれになりました。どこにか。不完全な世にです。この婚礼は実は主の登場から6日めの記載です。人の世は不完全、しかしその不完全なところに主は降りて下さったのです。欠け多い物を愛するために、「神は独り子をこの世に賜った」のです。この年もあと少しで終わります。新しい年も、共々に主のみ前に集いつつ、改めつつ、日々の力を頂く群れでありたいと思う。